Trojan.Dropper 削除

Trojan

Trojan.Dropper

は何です。Trojan.Dropper は、一度インストールすれば、他の危険な感染症をダウンロード怪しげなコンピューターの感染症です。通常、トロイの木馬は、システム ユーザーの許可なしに入るし、その変更をシステムに導入されています。感染システムのパフォーマンスが変更されたことをスポッティング後に一度、PC から削除する必要があります。トロイの木馬だけではなくランダムに指定された名前を持つ多くのコンポーネントの Windows OS の正当な部分がある事実には、非常に評判の良いと強力なスパイウェア対策アプリケーションを使用して、システムをスキャンし、Trojan.Dropper を削除することをお勧め。

Trojan.Dropper

を感染して得た自体を非表示にし、コンピューターのアプリケーションで検出されることを回避するには、感染症は serial.sys、redbook.sys、rdpdr.sys、parport.sys などとしてそのようなファイル名使用します。記載これらのすべてのファイルはであり、Windows システム ファイルを削除する必要があります。ただし、偽装ファイルの代わりに有効なものを削除すると、システムが正常に動作を停止可能性があります。また、Trojan.Dropper、感染ユーザーがコンピューターを起動するとすぐに実行を開始できませんでしたようにレジストリを変更します。これはそのようなファイル opu.exe、音楽 System.exe (別名更新 62053.exe)、winhelp.exe として実行するように知られています。後者のファイルの存在のため、タスク マネージャーとレジストリエディター無効にすることがあります。このファイルもメール ボックスと電話予約の詳細を記録し、ユーザーの承認なしでウェブサイトを接続するために悪名高いです。また、Trojan.Dropper は入力情報を監視することができます可能性があるため、深刻な被害を引き起こす可能性があります。ユーザーのアクティビティを監視ファイルとしても知られている正当なアプリケーションは psi.exe として知られている、その場所は、”Program Files”のフォルダーのいずれかでない場合、システムは本当に感染です。

Trojan.Dropper

を削除する方法Trojan.Dropper では、感染したシステムを簡単に得ることができるので更新、あなたのコンピューターのセキュリティ ツールを常にですが簡単に気づいていません。たとえば、その成分の 1 つが検出し、削除しないようにするセキュリティ アプリケーションを無効には、ファイル cohserver.exe です。信頼性の高いスパイウェア対策アプリケーションをインストールして、システムを定期的にスキャンする場合は、それはそれそのような Trojan.Dropper として感染症に対する保護が維持されます。間違ってファイルを削除または、ランダムに名前のファイルの一部を欠場すること誤って可能性があるため、トロイの木馬手動で削除する必要があることに注意してください。ダウンロードの削除ツール削除するには Trojan.Dropper

コメントを残す