wprotectmanager.exe を削除します。

Fake Antispyware

wprotectmanager.exeは、web ブラウザーの設定と既定の検索プロバイダーの変更と、独自のホーム ページを変更して WpManager アドウェア/子犬の一部は、最も最近と呼ばれる国のズームします。複数のウイルス対策スキャナーが、たとえば子犬悪意のあるまたは潜在的に有害としてこのファイルを検出します。Optional.WpManager.A 一度インストールされて、Windows が起動するたびに自動的に実行される wmp コントロールと呼ばれる Windows プロセスを作成します。このサービスは Chrome や他の web ブラウザーを変更できなくなりますブラウザーの設定を復元しようとする場合も手動で、それは、ブラウザーをハイジャックもう一度コンピューターを再起動した後。wprotectmanager.exe がデジタル署名技術の限定を大事にしました。ただし、これは変更されません何かそれは単純なので、ブラウザーのハイジャッカー。以外にも、Windows の必須ではないと web ブラウザーを遅くしたりする他の問題が発生します。私は wprotectmanager.exe をコンピューターから削除し、推奨されるマルウェア対策ソフトウェアとシステムの完全スキャンを実行することをお勧めします。インストール後に、wprotectmanager.exe デフォルトの検索エンジンとすべての主要な web ブラウザーのホーム ページが変更されますを既定の設定を元に戻すしようとした場合このプログラムは認めないとこれらの変更を実行できます。[このプログラムの除去プロセスはより困難の唯一の目的と多くのツールバー、アドウェアおよびその他の怪しいプログラムのインストーラーにバンドルされている 1] です。wprotectmanager.exe プログラムがインストールされます感染症のいくつかの例は、: Aartemis ツールバー、NationZoom ツールバーのプラットフォーム、甘いページ ツールバー、か検索ツールバーおよび多くのより多くのプログラム。wprotectmanager.exe このハイジャック犯などインストールします多くの場合、ソフトウェアのインストーラーがオプションが含まれていますので、ソフトウェアをインストールするとき常に注意を払う必要があります。注意してください非常に同意するインストールします。常にカスタム インストールを選ぶし、精通している、特に省略可能なソフトウェアをダウンロードして最初の場所でインストールすると思ったことはありませんではない何か選択を解除します。信頼できないソフトウェアをインストールしないでくださいと言ってもないことです。ダウンロードの削除ツール削除するには wprotectmanager.exe

Incoming search terms:

コメントを残す